22. März.2015

始めたからには終わらせる。

3週間こもって書き続けている論文。別にこんな短期間で全て終わるとも、思っていないけれども。それでも終わらせなければ次はない。

精神と時の部屋。外部との断絶が大事。レベルアップに必要なのは集中、そして信念と継続。

自分に一番苦手なこと。

頑張ります。

n_sawaya_in_canada at 00:31|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

12. März.2015

書く、書く、書く

先週からベルリンではないところで修論の文章に没頭している。
文章とは奇怪なもので、本当に文章そのものを、書きたいことの本質にある思いを理解しなければ、書き進めることができないどころか、へんてこな文章を殴り書くことになって、後で全て書き直しといったことが普通に起こる。

設計の訓練だけに限らず、こうやって文章に関しても訓練をすることができるというのはいいことだと思う。が、単語の意味からその背景まで調べて書いては止まり、書いてはまた止まり。コーヒーを淹れに行って、気づけば小一時間すぐに過ぎていたりする。少しでも良いものを作り上げたいと思うからこそ、小さなステップの積み重ねも自分らしくなく楽しめているのは正直嬉しい感情ではある。

語彙、言い回し等々が未熟すぎるのはどうすれば良いのかまったくもって検討がつかない。。誰か良い修行方法知らないだろうか。。うーん、、、とりあえず、一歩ずつとしか言いようがないのが、書き物のそういった側面。満塁ホームランなんてないし、、、

とりあえず、あと二日頑張ってみましょうかね。そこから見える景色によって、その先のペースや目標も変わってくるのだろうなと。

おやすみなさい。

n_sawaya_in_canada at 07:44|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

26.Februar.2015

ぽっかりと空いた穴

怒涛の日々から早1週間が過ぎようとしている。過去のことなど結構すぐに忘れてしまうたちではあるので、なんとなく時間軸の後ろに過ぎ去ったものが薄暗くなっていくのがわかり、悪夢も見ることがなくなったので、正常運転再開といったところ。

修論に向けて先週まで焼け付いていたエンジンをもう一度掛け直す。なかなかかからない。もちろんしっかりとギアを下げ直しているつもりであっても、いまいち空回りしてエンストしてるような気分にさせられる。

アウトバーンを最高速度で走っている時の運転の難しさとは別の、半クラッチがうまくできない若葉マークのような状況。焦ってもエンストするのみ。しっかりとギアを落とせるところまで落として、車両点検も怠らずに早々に走り出したいなと思っているここ最近。


明日から明日から。頭の中に天使と悪魔が、なんてよく言うけれど、悪魔しかいない。

明日から頑張ります。

n_sawaya_in_canada at 07:25|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

20.Februar.2015

怒涛の半月。

長いこと書かないことが増えてきて、なんだか書くことの意味を忘れかけてきているのではないかと思い、空港のラウンジで一筆。

2月5日の夕方に事務所を出てから今まで、なんだかんだで休むことがなかった日々。その前の1ヶ月はそれこそ休日もなく、常に働き続けるというサイクルの中、修論とかドイツ語とかそんなこと思い出す時間もなく、ただただプロジェクトを前に進めてきました。

この帰国便に乗り遅れることがなく、無事にベルリンにつけば、すべての予定が100%以上の成果をもって完了したことになります。なんだかやはりホッとするというのが本音かなと。

やり切る自信と、成功に向けた確信が常にあったけれども、それを実現させるのはやはり毎度気力を使います。

と、ここまで書いておいて搭乗の時間になってしまい、続きをメモ帳に書いたのでそれをコピペ。

14日以降のプライベートに関しても、今週末中には書こうかなと。more

n_sawaya_in_canada at 10:26|PermalinkComments(0)[#diary] | Berlin