26.Februar.2015

ぽっかりと空いた穴

怒涛の日々から早1週間が過ぎようとしている。過去のことなど結構すぐに忘れてしまうたちではあるので、なんとなく時間軸の後ろに過ぎ去ったものが薄暗くなっていくのがわかり、悪夢も見ることがなくなったので、正常運転再開といったところ。

修論に向けて先週まで焼け付いていたエンジンをもう一度掛け直す。なかなかかからない。もちろんしっかりとギアを下げ直しているつもりであっても、いまいち空回りしてエンストしてるような気分にさせられる。

アウトバーンを最高速度で走っている時の運転の難しさとは別の、半クラッチがうまくできない若葉マークのような状況。焦ってもエンストするのみ。しっかりとギアを落とせるところまで落として、車両点検も怠らずに早々に走り出したいなと思っているここ最近。


明日から明日から。頭の中に天使と悪魔が、なんてよく言うけれど、悪魔しかいない。

明日から頑張ります。

n_sawaya_in_canada at 07:25|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

20.Februar.2015

怒涛の半月。

長いこと書かないことが増えてきて、なんだか書くことの意味を忘れかけてきているのではないかと思い、空港のラウンジで一筆。

2月5日の夕方に事務所を出てから今まで、なんだかんだで休むことがなかった日々。その前の1ヶ月はそれこそ休日もなく、常に働き続けるというサイクルの中、修論とかドイツ語とかそんなこと思い出す時間もなく、ただただプロジェクトを前に進めてきました。

この帰国便に乗り遅れることがなく、無事にベルリンにつけば、すべての予定が100%以上の成果をもって完了したことになります。なんだかやはりホッとするというのが本音かなと。

やり切る自信と、成功に向けた確信が常にあったけれども、それを実現させるのはやはり毎度気力を使います。

と、ここまで書いておいて搭乗の時間になってしまい、続きをメモ帳に書いたのでそれをコピペ。

14日以降のプライベートに関しても、今週末中には書こうかなと。more

n_sawaya_in_canada at 10:26|PermalinkComments(0)[#diary] | Berlin

5.Januar.2015

2015

毎年毎年今年こそはと意気込んで年始に目標を立てるけれども、それはいつもひと月もしないうちに泡のごとく消えてゆく。それでも何かしら今のこの時点で言い切らないといけないのがじぶんらしい。

2015年の一年間をどう過ごすかというよりも、どうせなら毎月どのような短期目標が見えるかを羅列することで、自分への戒めとしたい。その方がマラソンでも次の角まで効果で頑張れるのではないかと思うから。

とりあえず、1月から
1月:仕事休み前の大きなプレゼンに向けて全力疾走。諦めません、投げ捨てません、上を馬鹿にしません。修論は堅実に足場固めをすること。この時期にすべてのオーガナイズを済ませておきたい。

2月:仕事のプレゼン山場。半ばまでは仕事ひと筋になるとは思うけれど、しっかりと境目を作って修論に勤しむ。

3月:修論、本気で修論

4月:修論とまとめと。プレゼンや印刷など、頭の回転が大事。

5月:修論プレゼン。展覧会もあるかも。

6月:仕事復帰。2015年の前半戦終了。とりあえず、ここまで。多分一気に駆け抜けることになる。ならないといけない。

7月以降:とりあえず、未定。前半の努力が報われていることをここで報告することが現在のところの一番の課題。

全体を通して言えることは、今年中に英語からドイツ語に切り替えるということ。
これが一つの大きな課題。できるだろうか、やるしかない。

n_sawaya_in_canada at 05:57|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

10.Dezember.2014

治らないもの

風邪が一向に治らない。。

2週間ものあいだなぜだか体調が良くなく、先週の土曜に一気に寒気に襲われそのままダウン。

治らないものは治らないと諦めを、とは思うものの。たまってゆく仕事から逃げられない自分もそこにいる。どうなることやら。

修論のことが、ドイツ語のことが気がかりでならない。風邪をひいている時こそこういうことが頭の周りをぐるぐるするのだなと思う。

とりあえず、風邪を治すのが先決。というと聞こえはいいのだけれど、、、

n_sawaya_in_canada at 06:01|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]