7.Juli.2014

進む道は個性なれど

前回の面談からいろいろと物事がおこっているのですが、それでも何かとワールドカップのせいにして日々を惰性に任せています。

どうせなら面白そうな絵がとれてからと思うも、いまいちそれほど乗り切れない日常。

プラハの展覧会がオープンしました。

いまいち達成感がないのは自分が仕掛けたというよりも仕掛けを伝達したのみだったのではないだろうか、まあそうなのだけれどもねという感じです。

よく自分でもわからないですが。

後はこれを自分なりにまとめて修了に向けて邁進するのみだということではないでしょうか。
ここからの半年が成果なしの正念場といったところでしょうか。何もなくともがんばる。そんなところです。

とりあえずこちらからは以上です。

ブラジルがんばれ〜

n_sawaya_in_canada at 03:06|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

11.Juni.2014

ツギハギだらけの継ぎ目

さて、報告です。

先週の終わりほどに事務所との面談がありました。

そして、思った通りという方が正直だと思いますが、契約の更新をオファーしてもらうことができました。まあ、研修生だった頃からするといまいち一喜一憂がないのは自分の存在が事務所の中で確実に認められているということの証拠なのだろうなと客観的には思います。

しかしながら、その上を目指しているからこそ人生の存在意義があると思っている自分からすると、まだまだやはり納得のいくものではないですね。

これから先、どのくらい長くここに居るのかよくわかりませんが、自分が与えられたもの以上、その延長線上にすらないものを探求して、もちろん精一杯近づく努力をしてゆきたいと思います。

それでも、仕事というものは難しいなと思わされる出来事もいくつか起こり、自分の立場等々考えさせられる時期にも来ているのでしょうね。早いところ今の立場から脱皮をしたいのですがね。。。なんというかかんというか、、、

将来というものは突然の風に吹かれたりするのでしょうかね。

意地を張って飛ばないように意固地になるのも考えものかなと。

n_sawaya_in_canada at 06:36|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

1.Juni.2014

過ぎ去る日々を背にできずに

先日の話ですが、ミラノに行ってました。

ベタですが古いものをみてきました。

仕事というなの休暇みたいな感じに落ち着いてしまったのでそこにはなんともいえないやましさが募るのですが、あれもこれも経験ということにしてしまえばいいのでしょう。

R0017134


R0017146


驚いたことは、お城の周りをうろうろしていたら、黒人にからまれたことと、城跡のありようがかっこいいなーとぼーっと眺めていたものが実はうちの事務所の進行中のプロジェクトの敷地だったということ。普通に知りませんでした。

ravelins_of_castello_sforzesco



なんというか自分の無知というか、今の事務所の大きさを肌で感じさせられてしまいました。。なんともいやはや。。。

そして、ヴァレンティーノ

valentino_concept_store


インテリアとして、素材の使い方やディテールとして一級品だなとは思いますが、写真で見ていたときの方が感動が大きかったのは、建築との差異かなと。建築に負けない、写真に負けないものを作らなければいけないと何となく思いを新たにしました。


もうそろそろベルリン3年目が終わる。

決意というものは新たにしても意味がなく、書き出して、飲み込んで、行動して初めてそこにあったのだという存在が再確認されるもの。


来週にはよい報告ができますように。

R0017148


R0017145


R0017133


R0017130




n_sawaya_in_canada at 22:03|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

11.Mai.2014

帰国そして

4月の後半の2週間、日本にかえっていた。

そして5月。誰かが天秤座は占いでは5月20日までは低迷期だといっていたが、本当にそうなのかもしれないと思えるくらい低空飛行をしていた。

過去15年近く、3年周期で移動を繰り返してきた自分にとっては今が我慢のしどころのような気がしないでもない。3年で得られるものなど今後の10年20年ではあまり出てこないのではないかと思っている自分からすると、ここで不意に動くことで失うものの大きさもしくは手に入れ損ねるものの重要性をどうにかこうにか自分が留まることの理由にしていきたい。

が、それでもつまらないものはつまらない。

低迷期を脱出する以前に自分の空気を周囲にまき散らしているということも自ら認識しなければならない。普段明るくあろうと勤めているだけに、ここぞとばかりにみんなに突っ込まれる。まあ、ポーカーフェイスを気取れない性格なのを知っているからこその周りの優しさなのかなと安堵したりしなかったり。

ここ最近は勉強欲がまた沸々と。

ドイツ語にその欲を向けたいのだが、、、それもなかなか。
いつか精神と時の部屋に行かなければならないときがくるのだろうと思うのだが、それはいつになることやら。

とりあえず、旅行はしばらくお預けで目の前の仕事と本に没頭しようと思っています。

そして修士制作ね。

n_sawaya_in_canada at 03:37|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]