27.September.2014

忙しさのせいにするでもなく

9月の3週間、とっても忙しかった。とっても。

最初の2週間は準備のため、その後の1週間はソウルでの設営とうとう。忙しいときに欠けてくる生活の質。大切なのは、最後まで周囲を気遣うことを忘れないこと。

それでも、今回成長したなと。

まだまだですが。というか、この方向に成長してもどうなることやら、、、

n_sawaya_in_canada at 16:13|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

1.September.2014

作る喜び

週末、事務所で残業。それでも、なんだかんだいっても、疲れてても、やはり作るということは楽しい。
強いていうなら、自分のブレーキが自分自身でかかっていることが何となく悔しいということ。

取り合えず、前進あるのみ。



n_sawaya_in_canada at 04:48|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

4.August.2014

残すか残さないか

滞っていたのはデザインのプロセスだけでなく、その他諸々の事象も含めて。

最近のことを時系列とはいかないまでも。

仕事に関しては巨大な模型と格闘しながらの日々。スケールがそんなに大きくもないのに高さ4メートル近い模型と格闘しながら設計スタディ。はしごを登っては降りて、未だに完成の見えない模型はなんだかサクラダファミリアのよう。全景はどう見てもサイコロにしか見えないんですけれどね、、

そしてその関連といってもあれですが、バーゼルとズーリッヒにいってきました。念願のNovartisのキャンパス内を見学させてもらったり。セキュリティの厳しいことこの上ない建物の内部を見学できたのはとてもラッキーでしたが、ただ、SANAAのあれは死んでました。正直残念きわまりないです。そして、いろいろと話を聞いているうちにアイデアも浮かびつつ、可能性の種をいろんなところで見つけました。

やはりモノをみるということで学ぶところは大きいなと感じる機会でした。これを生かすも殺すも自分のこれからの数週間次第といったところでしょうか。

修論はやっといろんなところが平行して動き始めたところで、4週間後には人様に見せることのできるものがあると良いなと思いながらの土日の低空飛行。とりあえずは9月末まで継続は力なり。

ドイツ語はいうまでもなく、死んでます。死んではいなくとも、起死回生の一発などみられる訳もなく、日々黙々と悶々としてる次第といいましょうか。

サッカーの2014/2015シーズンが来週から始まることが自分の夏の体型にとってこの上ない朗報なことぐらいしか確かなことはない今日この頃。今シーズンもできる限りスタメンを維持しながら、がんばりたいと思います。

書き連ねると書くことはあるものの、いまいち建設的に見えないのは、この書き物のというか自分の姿勢の現れなのかなと思わずにはいられません。

そして明日からの1週間。全力勝負で4勝1分ほどを目標に、もちろん全勝を取りに毎日がんばります。

おやすみなさい。



n_sawaya_in_canada at 08:38|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]

7.Juli.2014

進む道は個性なれど

前回の面談からいろいろと物事がおこっているのですが、それでも何かとワールドカップのせいにして日々を惰性に任せています。

どうせなら面白そうな絵がとれてからと思うも、いまいちそれほど乗り切れない日常。

プラハの展覧会がオープンしました。

いまいち達成感がないのは自分が仕掛けたというよりも仕掛けを伝達したのみだったのではないだろうか、まあそうなのだけれどもねという感じです。

よく自分でもわからないですが。

後はこれを自分なりにまとめて修了に向けて邁進するのみだということではないでしょうか。
ここからの半年が成果なしの正念場といったところでしょうか。何もなくともがんばる。そんなところです。

とりあえずこちらからは以上です。

ブラジルがんばれ〜

n_sawaya_in_canada at 03:06|PermalinkComments(0)Berlin | [#diary]