17.August.2015

この先の2年という月日

週末にロンドンから友人が彼の事務所の所員さんらとともにベルリンにやってきた。建築研修旅行だそうだ。彼にはいろいろお世話になっているので、ぜひ何か恩返しでもと思って僕が働いている事務所の見学とノイエスムゼウムのプロジェクトに関わった元所員さんによるツアーを企画した。大成功だったと思う。みんな喜んでくれているようだったし、何より自分もいろいろと学ぶことが多かった。離れた場所に住んでいてもこうやって時折会い、お互いに刺激を与えと親交を深められる機会があることはとても自分にとって価値があるものだなと思った。常にそうありたい。

ドイツ語がなかなか思うように上達しない自分。泣きたくなるような時もあるけれど、それで何が変わるわけでもないというのが毎度の自分への説得方法。

最近、2年後という月日を強く意識する。以前よりも。
いま事務所で関わっているプロジェクトの竣工という区切りがたぶん一番大きいのだと思う。
2年後までに永住権を取る。2年後までにドイツ語での大学入学資格を有する程度の独語の能力を資格/証明書という形で取る。2年後までに建築家の資格を取る。2年後までに、、、、

時間の中で束縛されながら生きていく生き物なのだから仕方のないことだとは思うけれど、その2年という時間が経ったところにいる自分がどう自分自身を見ているのだろうかと不思議でならない。

最近クライミングに夢中。週に一度の朝練と週末の4時間ほどのスパルタ。秋の紅葉シーズンにドイツのどこかの森の中をさまよいながら岩登りとかしたい。それも2年後までには今より2つ3つ上のレベルのボルダリングができるようになっていたい。これも2年後。

ゆっくりと、でも確実に登っていきたい。クライミングのように。

落ちても死なないようにザイルは付けて。




n_sawaya_in_canada at 04:41│Comments(0)Berlin | [#diary]

コメントする

名前
URL
 
  絵文字